2008年08月05日

Visual AuctionはVistaでは使えない!?インストールの手順と対処法

先日OSがVISTA対応のPCに買い換えたのですが、Visual Auctionをインストールしても動作しませんでした。

インストール先の
Vectorのコメント評価を見たらVistaではどうやら動作しない事が多いらしい事がわかりました。

しかし
Visual Auctionサポート掲示板で情報を集めながら再度試してみたら意外とすんなり使えるようになったのでまとめました。


Visual Auctionインストールの手順(windows Vista)

参考リンクインストールの流れ

  • インストールに必要なMDAC、MACPをインストール(Microsoftオフィスがインストール済みなら不要)
  • Runtimeは必ずvita対応のバージョンにしてください。でないと動作しません。
    Visual Basic 6.0 SP6 ランタイムライブラリ(Vista対応)

  • ファイルを右クリックして管理者として実行でインストールします。
  • インストール先はプログラムファイルからマイドキュメントに変更します。
    私はv.aというフォルダを作りました。

  • インストール完了後に「このプログラムは正しくインストールされなかった可能性があります 」と表示されたらフォルダごと削除してその指示に従ってインストールし直します。

  • それでも動作しない場合は
    DHTML Editing Control for Applications Redistributable Packageをインストールします。
    私の場合はこれで解決しました。


基本的にVisual Auctionは管理人さんの善意により無料で提供されているソフトです。
何か不具合があっても管理人さんに文句を言ったりせずにのんびり対応してくれるまで待っている位の気持ちの余裕があった方がよいでしょう。


【関連記事】
Visual AuctionはVistaで使える!解決編
タグ:Visual Auction
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104226576

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。