2008年11月24日

プリンターの互換インクカートリッジIC50シリーズ(EPSON PM-G860)を試してみました。

宛名や納品書の印刷はプリンターを使うので必然的にインクが必要になってきます。
しかし結構インクカートリッジ代ってのが消耗品としてコストがかかるわけです。

ましてやメーカーの純正インクカートリッジを買うとかなりコストがかかってしまいます。
以前のプリンターではインクをボトルごと買ってきて自分で入れてましたがかなり面倒でつまってしまう事もよくありました。

今年購入したプリンターエプソンEPSONPM-G860は自分でインクを注入できないタイプなので考えたあげく互換インクを試してみようと思いました。

互換インクとはプリンターのメーカーの純正品インクカートリッジではなくそれに似せた別メーカーによる安価なインクカートリッジのことです。

機種によって対応カートリッジが違ってきますが私はエプソンのPM-G860を使っていますので
今回購入したのはこちらの互換インクカートリッジです。



正直、最初は使えるのかそれ以前にちゃんと認識するのかドキドキでしたが問題なく認識してちゃんと印刷できました。

やはり純正品と比べるとカラーの品質が落ちるそうですがカラー写真とか印刷しないかぎりあまりわからないんじゃかいでしょうか。

まあ私はどっち道、ブラック中心で宛名書きとかに使うのでこの互換カートリッジで十分です。
何しろ純正品のインクの価格が6000円くらいで互換インクだと2980円で半分以下で済みますから満足です。

カラーもまとめて買ったので5千円以上で送料無料ってのも助かりました。


【エプソン(EPSON)】互換インクカートリッジ【IC6CL50,ICBK50,ICC50,ICM50,ICY50,ICLC50,ICLM50】セット


【関連記事】
エプソンの互換インクカートリッジがさらに安く
タグ:互換インク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。