2006年11月08日

CD・DVDの汚れには専用クリーナー

CDのディスク自体はやっぱり専用のCDクリーナーじゃないと使わない方がいいですね。

裏面の印刷されている部分なら特に気を使う必要ないですけど大事なデータがある表が変色したり傷付いたりしたら怖いですからね。

でも結構クリーナって比較的高めなんですよね。
それでも普通はあんまり使わないからいいかって買っちゃうんですけど。

以前はスプレー式の小さいクリーナーを使っていて使い勝手はかなりいいのですがすぐになくなってしまいました。

このCDクリーナーは液状なので結構長持ちします。

audio-technica CDクリーナー AT6036
オーディオテクニカ
売り上げランキング: 17358


正直使い勝手はスプレー式に比べてイマイチだと思うんですけど安いのでやはりコストパフォーマンスが高い理由で使っています。

使い方のコツはたくさん付けずにちょっとずつ付けて専用パフで内側から拭いてまた乾いた部分で拭くと簡単にきれいになります。


先日古いCDを久々に聴こうと思ったらエラーになって聴けなかったんですがこの方法でで拭いたら無事聴けるようになりました。
タグ:クリーナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。